閉じる

名古屋ファッション・ビューティー専門学校

オープンキャンパス 資料請求

NFIT Eye's

密着ドキュメント③
舞台裏レポート・後編

31回目を迎えたファッションショー「JFS」。

最初に登場する「高校生A部門」は、デザイン画、制作、モデルまでを自分(もしくは友人など)で行います。
今年は、180点の応募の中から選ばれた29作品が登場。

IMG_6812.JPG
IMG_6905.JPG

ステージから客席へ降りて審査員たちの前へ...ランウェイを歩いていきます。
目の前を通り過ぎる姿は、手元のパンフレットで見るデザイン画に息が吹き込まれたような不思議な感覚です。
自由な発想を持つ高校生ならではの作品は、NFITの学生たちの目にはどう映っているのでしょうか?

IMG_6834.JPG
IMG_6856.JPG
IMG_6863.JPG
IMG_6869.JPG
IMG_6893.JPG
IMG_6953.JPG

次に、併設校であるNFCCの学生の作品。
こちらのファッションビジネス専攻は、モノづくりの基礎を学び商品知識や提案力を学ぶ専攻です。
学生の個性に合わせたデザインかつ、ディティールにこだわった作品が続きます。

また、プロのモデルの細く長い手足や魅せるポーズに、ついつい目が奪われちゃいますね。

IMG_6968.JPG
IMG_6980.JPG
IMG_7011.JPG
IMG_7015.JPG
IMG_7034.JPG
IMG_7060.JPG

次に登場するのが、NFITファッションテクニカル科の学生の作品です。
アパレル業界に必要なすべてを基礎から習得できるこのコースの作品は、特に生地の選び方が多種多様でした。
さらに、校内で見た時とは違って、ステージで照明をあびた時の光の反射や着用して歩いた時の動きまでキチンと計算されているなぁと感心。

IMG_7072.JPGのサムネイル画像
IMG_7077.JPG
IMG_7092.JPG
IMG_7116.JPG
IMG_7122.JPG
IMG_7149.JPG
IMG_7163.JPG
IMG_7186.JPG
IMG_7201.JPG
IMG_7215.JPG

華やかなショーが終わると、突然、照明とBGMがグッとクラシカルな雰囲気に。
最後はいよいよスペシャリストのための上級課程コース、NFITのファッションマスター科によるマリエの発表です。

IMG_7227.JPG
IMG_7397.JPG

純白のドレスがステージに並ぶと、会場からはため息のような歓声があがります。
大きなリボンがバックについたもの、和と洋のコラボ、繊細な刺繍が施されたもの、フリルで個性を出したもの...技とセンスが詰め込まれた渾身の1着ばかり。
これまでのショーとはひと味違って、「私ならこのドレスが着てみたい!」そんな気持ちで見ていた女性も多いのではないでしょうか。

IMG_7240.JPG
IMG_7258.JPG
IMG_7288.JPG
IMG_7312.JPG
IMG_7339.JPG
IMG_7348.JPG
IMG_7366.JPG
IMG_7389.JPG

今年も最初から最後まで大盛り上がりのJFS。
ここから生まれる次世代のトップデザイナーの活躍に期待しています!

(取材・文 はちがゆか)

IMG_7731.JPG