閉じる

名古屋ファッション・ビューティー専門学校

オープンキャンパス 資料請求

NFIT Eye's

ファッションテクニカル科2年 小林 里帆奈さん

IMG_6743.jpg

人懐っこい笑顔が魅力的なファッションテクニカル科2年生の小林 里帆奈さん。
充実した毎日を過ごす彼女が、自分のこと、学校のこと、夢のこと、家族のこと...過去と未来を見つめながら等身大の表現で話してくれました。

Q.なぜNFITに入学しようと思ったの?
A.実は高校の時、特に夢がなくて進路が決まってなかったんです。それで、メイクアップに興味があったのでその方面について調べていた時に、この学校のオープンキャンパスでファッションデザイン画体験があることを知って、 楽しそうだと思い、参加してみたのがきっかけです。

Q.他の学校と迷わなかった?
A.同時期に迷っていた学校がありました。でも私は商業高校出身でファッションの勉強は初心者だったので、ここなら少人数制でついていくことができるんじゃないかって思ったんです。

Q.実際に入ってみてどうだった?
A.入学したての頃、服飾系の高校から進学した人たちは専門用語を知っていたり技術も全然違って「私、大丈夫かなぁ」と思うこともありました。でも、先生たちのフォローや自分のやる気次第ですぐに追いつくことができるので心配無用でしたね。

Q.NFITで頑張れる人はどんなタイプだと思う?
A.服が好きで、のめりこめて、もっと知りたい!と思える人だと思います。先生との面談でもダメなところをたくさん教えてもらえるので、そこをしっかりと変えていける人は絶対に伸びます。

Q.NFITの魅力を教えて!
A.ブライダルドレスについてしっかりと学べるのが一番の魅力です。

Q.将来の夢は?
A.ブライダルドレスのデザイナーになることです!

Q.そう思ったきっかけは?
A.私は四姉妹の末っ子なんですが、一番上の姉が名古屋市内の式場でドレスプランナーをしているんです。あと、両親が服飾関連の企画の仕事をしていたらしくて、そういうすべてが影響しているんだと思います。

Q.NFITに入学して変わったことは?
A.高校の時の友達とデパートや百貨店に買い物に行った時、ついつい生地などをチェックしていると「よく見てるね~」と感心されるようになりました。

Q.学校以外の過ごし方は?
A学校の課題は思ったより多いですが、ちゃんと遊びやバイトの時間も作れています。

Q.バイト代の使い道は?
A.卒業したら京都での生活を考えているので、目標金額を決めてお金をためています。高校の時もずっとバイトをしていたけど、もっとちゃんと貯金しとけばよかった~!って今になって後悔しています(笑)

ありがとうございました!

取材・文 はちがゆか