閉じる

名古屋ファッション・ビューティー専門学校

オープンキャンパス 資料請求

NFIT Eye's

2年生、自分好みのデザインで作るボトムス

2016.08.31

授業風景

0055_xlarge.jpg

アパレル業界を目指す学生にとって、
自分のデザインを実際に形にすることは大きな楽しみです。

1、2年生で本格的にアパレルの道を進み始め、
マスター科に進級すれば憧れのウェディングドレス製作が待っています。

その準備段階とも言える2年生は、
これまで習得した知識と技術を存分に発揮して製作に励んでいます!

迫る提出期限...締め切りあっての作品づくり

ファッションテクニカル科の2年生、今日はソーイングの授業です。
自分で企画デザインしたボトムスを製作しているそうで、今日はその最終授業。

教室にはいつもよりも緊迫した空気が流れ、学生たちは真剣な顔で手とミシンを動かしています。
聞いてみると「今日で仕上げなきゃいけないんです!」と口を揃えるばかり。

締め切りまでに仕事を仕上げることはどの業界でも大切なルールです。
こうして学生時代から課題に対して決められた工程と期限を守ることを経験していれば、きっと就職してからも多くの場面で役立ちますね。

ここにはひとり一台のミシンが机に備え付けられているので、自分のペースを崩さずに作品作りに没頭できそうです。

NFITのカリキュラムは、講師の話を聞いて知識を学ぶ授業はもちろん、
アパレル業界が求めている人材育成、即戦力になるための職業訓練という印象を持ちました。

0019_xlarge.jpg
0027_xlarge.jpg
0031_xlarge.jpg

個性とアイディアが光るボトムス完成!

今年の2年生は、個性豊かなメンバーが揃っています。
「ファッションも、性格タイプも、好きな話題も違うけど同じ夢を追っている仲間」というのは専門学校ならではの素敵な関係です。

そして、学生の個性が豊かならもちろん作品もその通り。
ボトムスを見ただけで、誰がどの作品を作っているのか当てることができそうです。

今回のボトムス作りは、ファスナーやポケットの形というルールさえ守ればあとは自由。
布からシルエットまで好きにデザインすることができて、自分サイズなので課題が終われば洋服として着ることができるのです。

最初は自分のため、いずれ友達や家族のため...そしていつかは多くの誰かのために。
洋服を作るという夢は未来へと広がっていきます。

...そうこうしている内に、あちこちで「完成しそう!」「私ももうちょっと!」「やばい!終わらない!」「私が一番遅いかも」なんて声が聞こえてきました。

どんな作品になるのか...とっても楽しみですね。

(取材・文 はちがゆか)

0039_xlarge.jpg
0040_xlarge.jpg
0049_xlarge.jpg