閉じる

名古屋ファッション・ビューティー専門学校

オープンキャンパス 資料請求

産学連携

企業人でもある講師が、
学生と一緒に
積極的な社会参加を推進しています。

本校の開学以来の大きな目的のひとつは、常にファッション業界の発展に貢献し続けることです。そのため、より実践的な教育をめざし、現場の第一線で活躍中の企業人を講師として迎えているほか、産学連携を推進。地域社会への貢献に力を入れています。今後はさらに、産業界との連携を強化し、教育や地域の活性化・高度化をめざした活発な活動を続けていきます。

『翔工房』
学生のアイデア×匠の技

翔工房とは、一宮の地場産業であるアパレル開発を将来の
ファッション業界を担う学生の斬新なアイデアを基に、
学生と経験豊富な「匠の技」をもつ技術者との
コラボレーションによって、この世に一つしか
ない素材を生み出そうという事業です。
当校からも毎年多くの学生が、
プレゼンテーションから
作品づくりまで参加しています。

名古屋ボストン美術館催事用衣装
衣装制作

ボストン美術館より催事の PR活動のため衣装制作提供を依頼され作品制作に取り組んでいます。

  1. 「アートに生きた女たち」ではナナちゃん人形の洋服を制作。
  2. 「ヴェネツィア魅惑の都市500年」展ではカーニヴァルの雰囲気を体験していただくためのカーニバルの衣装の制作をいたしました。
  3. 「ダブルインパクト 明治ニッポン」展では変身ドレスアップコーナーの衣装を提供しました。
  4. 大変好評につき「ルノワール」展の衣装も制作いたしました。(2016.3.19〜8.21)
名古屋ボストン美術館催事用衣装 衣装制作

体に障害がある人たちのオシャレ服を制作

国立病院機構長良医療センター

障害者の人にオシャレを楽しんでもらいたいと当校の学生が毎年取り組んでいる障害者の人のオリジナル服づくり。機能的でオシャレな衣裳をデザイン・製作。全国初の障害を持つ人たちがモデルをつとめるファッションショーも企画。学生と障害者の絆を深めるなかで、服作りが人の幸せに繋がることを学びました。

もっと、本校について

学校案内 施設紹介